おこめのねどこ

こめが寝る前や起きた後のちょっとした時間に書く記録や意見や日記です。

【朝10分読書】池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先』01

本シリーズの新刊が届き、前作を読み終えたので、ようやく読み始めることにする。国内外の情勢について少しずつ理解が深まってきており、分かる話題も多そうだが、そのためかえって知らないことが多いこともよくわかってきている。楽しみつつ学習していきたい。

 

プロローグ「トランプに振り回される世界」の<pp.12-35>を読了。

前作にもあったが、プロローグの冒頭は、国際的な関係性を図示したものが続く。「分断される世界のゆくえ」という見出しが印象的。経済、宗教等に触れている。

 

以下、読んだ小項目。

<この目で見た“歴史的瞬間”/核兵器をなくせない人類の宿痾/「くたばれヒラリー」と吐き捨てた男/トランプはオバマが大嫌い>

宿痾・・・長くなおらない病気。持病。

 

タイトルにあるように、プロローグはアメリカ大統領の話から。いまだに核兵器は無くならないものの、オバマ元大統領が、2016年5月27日に被爆地である広島を訪れたことに触れ、「歴史的瞬間」としている。

筆者は大統領選挙中、トランプ氏は2015年内には候補から消えるだろうと考えていたが、選挙取材のためにアメリカを訪れた際、ヒラリーに嫌悪感を示す人に遭遇。ヒラリーのような長く政治家をやっている人は、現在の「良くない」状況を作り上げた人物の一人だと考えられる傾向にあり、好かれているわけではないらしい。対して、新しく現れた人物に期待を寄せる面があり、そうしたことからトランプ氏への期待が高まったとのこと。

またトランプ氏は「ホワイトハウス特派員協会主催の晩餐会」においてオバマ元大統領に笑いの「ネタ」にされ、嫌っていたのではないか、とのこと。そのため、オバマケアを始めとする先のオバマ政権での施策をひっくりかえそうとしている、とも言われているらしい。

 

政治に「人の好き嫌い」はつきものなのだと思うが、政策の良し悪しではなく、個人個人の感情がここまで大勢に影響するところは、興味深いものだと思う。

 

 

 

【朝10分読書】池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題7』20

前回の更新から1か月以上経ち、どうにか最後まで読み切った。読むだけなら読めると思うのだが、その後ブログに記録しようと思うと重い腰が上がらなかった。が、ついに第8巻が届いてしまった。「朝10分」のルールを破り、エピローグを読み終えた。

 

エピローグは、「近代文明の逆走を止められるか」(pp.266-283)となっている。先進諸国が自国主義に走る中で、これまで努力して築き上げられてきた平和を壊さないためには、今が踏ん張りどころ、ということを理解した。8巻の目次を見る限りでも、そうした点が重要な論点になっている。

 

国際情勢としては、本書で語られてきたように、ロシアやトルコ、中国などが軍事力を使って勢力を伸ばそうと画策している。こうした動きが紛争を生み出していることを、「新たな冷戦」と呼ぶ人もいるらしい。2015年には、ローマ法王フランシスコが、国際情勢をから「すでに第3次世界大戦が始まっている」という旨の発言をしていたとのこと。

 

こうした国際情勢の変化に敏感にならないと、自分が考えたいことの背景も何もわからず問題の本質が見えない、という気持ちで本書を手に取った。中学時代から、興味はあるが「歴史の勉強」が苦手だった。苦手意識は今もあまり変わらないが、興味は以前よりも深まった。新刊も届いたことなので、引き続き記録を続けたい。

 

 

 

【朝10分読書】池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題7』19

前回の更新が昨年の12月12日。半年経っている。
自分がブログを立ち上げるというのはつまりこういうことなので、特に驚きもない。

ただ、読んでいる『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズの最新刊が7月20日に発売してしまうので、そろそろ読み終えておかないといけない。

本日分を更新すれば、あとはエピローグだけとなったので、早めに終えてしまいたい。

 

P.251-264

引き続き、様々なトピックスが書かれていた。

「新・三本の矢」「マイナス金利」「TPPは発行に至らないかも」
「日本でテロはあるか」「日本も難民を受け入れるべき」
の五つについて。

 

「新・三本の矢」は、経済、子育て、社会保障の三つ。大切な三つだが、最近では待機児童問題解消を三年も先送りにする始末。対応しなければいけない数も減るのだろうか。というか、その試算をしていないわけがないよな。そういえば、最新の調査によれば出生数が100万を切ったらしい。憲法改正してる場合じゃないのだけれど。

 

TPPについては、トランプ大統領が不参加を表明したため、この本の内容からすれば発行できない(「GDPの合計が85%以上を占める6か国以上が合意する」規程)ことになるのだが、アメリカ抜きでやろうとしているとも聞く。どうなのだろう?

 

日本の難民受け入れは数が少なく、他国からは非難の目で見られているらしい。具体的には何が障壁となっているのかよく分からない。難民受け入れの条約には批准しているらしいのだが。

 

残すはエピローグ。2回分くらいか。10分の枠を外して、一度にしてしまうか。

 

 

 

【朝10分読書】池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題7』18

早く寝すぎて夜中に目が覚めて、家事をしていたらだんだんと起床の時間に近づいてきてしまった。仕方なく仕事したり遊んだりして過ごす。思った通りだが、現在かなり眠い。まずい。

 

今日はp.238-251。安保法案の話から。

 

「日本は戦争できる国になったのか」という項タイトルへの明確な答えは書かれていない。防衛や戦争云々の問題ではなく、憲法の改正が必要とされるような変更を「解釈の変更」で行うことが問題であり、反対していた若者が訴えたのもその事だった。という論調だったと思う。私もそういう理解。

そもそもの話として、本法案制定の5か月も前に、アメリカとの防衛協定の中で、安保法案を必要とするような内容を確認しており、それに従って安保法案が示されていたというのは当時から言われていたこと。例の『アーミテージ・ナイ報告書』。改めて日本はアメリカの言いなりだなぁ、と思う。

本法案適用の第1号は南スーダンPKOか、と言われていた。本日「駆けつけ警護」の新任務が可能になったとの報道。的中してしまった。

 

基地問題にも触れていた。ドナルド・トランプは日本からアメリカ軍を引き上げると言っていたが、仮に撤退したとして、これを日本独自で補おうとすると20兆円ほどの予算が必要になるとも言われているらしい。現在の4倍とのこと。

 

最後にアベノミクスについて触れていた。「新・三本の矢」を打ち出すとのこと。ただその前に旧「三本の矢」を検証。「大胆な金融政策」はある程度効果があったものの当初の目標は達成できず、「機動的な財政政策」は人手や資材不足を招き、東日の復興に影響を及ぼすなど的からそれる結果となり、「民間投資を喚起する成長戦略」は失速、とのことで、あまり芳しい結果ではないようだ。

 

次回は「新・三本の矢」について。

 

 

 

【朝10分読書】池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題7』17

長かった本書(を読んでいる期間)もそろそろ終わりが見えてきた。もう12月だし、年内には読み終わっておきたい。自分が専門的に知識を持っておくべき分野と、他の専門家に頼る分野を見定めることが大事だなと突然思う。本書で扱っているような内容は、専門的に扱うべき課題の背景であり、どうしても必要な知識になるので、記憶もしておきたい内容である。

 

今日は225-238ページ。ようやく最終章に突入。まずは第5章。ウルグアイホセ・ムヒカ前大統領の話題から。話題になっていたのは知っていたが、自らの給与の9割を寄付し、ウルグアイの平均給与である月10万円で過ごしたり、生活に必要な技術や習慣を身につけることを条件に家を無償給付するなどして、貧困層を30%から10%にまで引き下げている人だったとは知らなかった。

残念ながら、日本も含めて国のトップはこういう人物ばかりではない。タックスヘイブンの問題が対照的な事例として書かれていた。欲は発展につながるのもわかる。しかし、生きる哲学を持ち、貧困、格差、弱者に目を向けられる人物がいなければ社会全体が貧しくなる。国立大学の文系を廃止しようとしたり、某大阪の元トップが文化を否定するような発言や施策をしたりすることも、ある意味で納得できてしまうことはこういうことからだ。学校でのいじめが深刻化しているから道徳を学ばせようと言っている人たちが、社会的ないじめの構造をどんどん推し進めようとしている。こういう事をもっと知らなければいけないと改めて思う。

 

第6章は、「安倍政権の「世界の大問題」への対処」というタイトル。

衆参同時選挙は結局行われなかったが、選挙日などの制度を知っているとそのように予想できたのだ、ということまでは理解できた。解散後云々、30日以内に云々の詳細については・・・パスした。

 

気にしておきたいのはシルバー民主主義からの脱却のトピック。シルバー層の意見も極めて重要だが、今後の日本を支えないといけない若い世代の人間としては、「それなりにいい時代に生まれて、真面目にやってきた人は貯金もあるんだからいいじゃない!派遣とか任期付き雇用とかばっかりの若手の声をもっと聞いてよ!」というのが自分の本音。もちろん自分たちで声をあげないといけなのだけれど。また、自分自身の今は、そういう世代の親のおかげであるわけだけれど。18歳選挙の話題も、選挙後にはあまり気にしなくなってしまったけれど少しずつ考えていきたい。

 

今日は何だか力が入ってたくさん書いてしまった。

 

 

 

「みんなが理解し合える世界を!」といいつつ暗躍する「敵」に対して、「お前となんか理解し合いたくない!」と拒否し「敵」を打ち破る主人公たち。セリフは適当だがそんな趣旨のやりとりがあったと記憶しているドラマ(の映画版)が『ケイゾク』。

 

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer [DVD]

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer [DVD]

 

 

リンクも適当。

 

そんな殺伐としたことではないが、ごくごく平和で良心的な世界で生活してきた私にとっては、「話せばわかる」は特に疑う余地のない考えだった。しかし分かり合えない相手は必ずいるし、無理やり分かり合う必要もないよなぁと思った。高校生の時だったと思う。

 

最近もそういう事を考える機会があった。上記のことは念頭にあったが、分かり合えない相手を解釈し理由付けして「あいつはああいう奴だ(だからダメだ)」と判断していたのだと思う。しかし分かり合えないからといって相手を貶めたり攻撃したりする必要もない。相手は相手で好きにやっていて平和。対立したり領分の問題があったりするなら合意を形成すればいい。そこに価値観の応酬もない。そういうことを改めて考えたし教わった。

 

具体的に書かないと何のことだか全くわからない内容だが、何のことだかわかるように書くわけにはいかない。読者がほぼいなくても。ただ、日付と共に記録しておきたいことだったのでここでも触れておいた。もう少し日々の生活や考えについて書く機会も設けたいと思っているのだ。

 

以上。

 

 

【朝10分読書】池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題7』16

風邪がなかなか良くならない。分かっていたことだけれど咳が続くとつらい。活動しながら治すしかなくなってきた30代。

 

本日は214-225。原油、核、テロの話。

 

原油価格の値下がりが起こった。本来であればOPEC加盟国が生産を縮小すればいいのだが、アメリカが金融緩和をやめたことで原油投資からの引き上げがあったことと、アメリカのシェール石油の生産増のため価格が上がらないとの事。また、原油産出国同士でのシェア争いのためにチキンレース状態になっており、価格が上がらないとの事。経済のことはわからないが、価格が下がっていることで末端の消費者である我々にはいいこと・・・なのだろうか。バランスが取れていないとどこかで不都合が生じると考える方が正しいのだろうか。

 

核の話は、北朝鮮の「水爆実験」からスタート。これは嘘だろうと当初から報道されていた。核融合の際に「すごいエネルギー」が放出されるというのだが、「すごいエネルギー」ってどんなだろう。どんな風に放出されるんだろう。爆発ということでいいんだろうか。太陽は核融合が起こっているということだから、燃えている感じなのだろうか。想像ができないが、大変興味をもった。

 

テロは、現在は力で抑えるしかないかもしれないが、原因は格差と貧困にあり、その解消のためには教育の充実が必要ではないか、ということだった。全面的に賛成である。何かを敵視したり引かなくてもいい線を引いて相手と断絶するより、分かり合えないまでも双方に理解しつつ暮らせるような世界がいいと私は思う。